社内講師の人選方法は

社員講師による研修も大きなメリットがあります

外部から講師を招いての研修だけではなく、社内で講師を選定しての研修にも大きなメリットがあります。研修は受講する社員に役立つだけでなく、講師として教える社員の成長にも大きく役立つからです。実際に人に教えるということは、自分でもあやふやだった知識をしっかりと覚えることができますし、人を育てるという能力が大きくアップします。会社が成長するためには社員が成長することが最も重要であり、人を育てることが会社の役割でもあります。つまり、社内に人を育てられる社員が多くいなければなりません。外部からの講師を招いての研修には、多くのコストも必要ですし回数も限られます。普段の業務を行うなかで、常に人を育てられる人が周囲にいることは大きなメリットです。

中堅社員から選びましょう

専門知識の研修であれば、マネージャーやベテラン社員など豊富な知識をもっている人から講師を選ぶ必要があります。しかし、人材育成の一環として基本的な研修などは中堅社員から講師を選ぶのも一つの方法です。これからの会社の運営を任せられるような人材は、早めに育成していく必要があります。それには研修の講師を任せるのは非常に有効な人材育成となります。責任もって研修テーマについての情報収集をしたり、実際に分かりやすく教える工夫をするのはとても良い経験になります。人前で講義をする経験を積むチャンスはなかなかありません。そのチャンスを作ってあげることも、人事の重要な仕事です。人選はやはり各部門の長からの推薦が望ましいでしょう。身近で期待している社員を推薦してきます。