社内講師の社員研修のデメリット

社員研修で学ぶこととは?社員研修の現状を知ろう!

ひと口に社員研修といっても、さまざまな種類や形態があります。プレゼンテーション能力やセルフマネジメント能力を高めるスキルアップ研修、社員のモチベーション能力を高めるなどのマネジメント研修、そして新人社員へのビジネスマナー研修などがあります。多くの企業にとって社員研修は緊急の課題となっています。限られた予算の中で効率的に人材育成をするために、社内の人材を講師として活用することに注目が集まっています。経費削減につながる、自社独自のシステムや仕事への取り組みを改めて教育できる、講師が社内にいるので研修後のフォローがしやすいなどのメリットがあります。また講師役の社員の成長も期待できる半面、社内講師独自のデメリットもあります。

社内講師による社内研修とは?そのデメリットを知ろう!

社内講師による社内研修のデメリットとして、先ず社内講師は研修のプロではないため社員のモチベーションを維持できるのかという点が挙げられます。同様に研修内容が新鮮味に欠ける懸念もあり、社員が退屈してしまうことも考えられます。講師役の選定が難しいことも問題です。また上司にあたる講師役に意見をしにくいこと、講師役のクォリティーの差が研修内容に反映されて研修効果にばらつきが出ること、そして講師役の社員の負担が増すのでサポート体制が必要になることなどが挙げられます。優秀な社員を社内講師に任命する傾向がありますが、仕事ができることと教える能力は別のものといえます。社内講師の活用を考えることは、社内講師を育てることにつながるといえるでしょう。