外部講師による社員研修のデメリット

外部講師ってどんな人?外部講師による研修を理解しよう!

社員研修の形態は、自社の社員を講師として行なう社内研修、外部の機関に研修を委託する社外研修に分けられます。社外研修ではプロの講師を外部から招いたり、また社外で行われるセミナーなどに参加するという方法になります。外部講師による研修では、さまざまな専門家によるスペシャリスト観点からの話を聞くことができるという特徴があります。自社の弱点を改善できる助けとなる研修を受けることもできます。話のプロともいえる外部講師による研修は、社員の関心を高めることもできます。また第三者の視点からの新たな意見を聞くことができる、他社の事例などの情報を得ることができるなども特徴となります。社内講師に比べて手間がかからず楽だという声もありますが、外部講師による研修にもデメリットは存在します。

意外と大変?外部講師による研修のデメリットを理解しよう

外部講師による社員研修のデメリットとして、先ず費用がかかるということが挙げられます。有名な講師に依頼する場合には、さらにコストが増すことになります。また優秀な講師を確保できるかどうかも問題点となります。優秀な講師は人気があるため、確保することが困難になります。また研修サービス企業に所属する講師には、技量にばらつきがあるのが現状です。招いた講師により研修のクオリティーに差が生じる懸念もあります。そして社内のルールや意図に合わない内容になる可能性がある、一回だけの研修では効果があるか疑問であることもデメリットといえます。外部講師による研修には、このようにさまざまな問題点があります。外部講師そして社内講師それぞれの特徴を生かし、より効果的な社員研修を目指すことが重要といえるでしょう。