社内講師の社員研修のメリット

ノウハウが蓄積し教える側も鍛えられる

社員教育を行う人物も社員なので、人に教えることで自覚が芽生え鍛えられること請け合いです。教える側に立って初めて気がつくこともありますし、人の上に立つために必要な教養を学ぶことができるのです。社員教育が終わったあともフォローに回りやすい利点も大きいでしょう。外部委託をすると、社員教育が終わればそのままですが、同じ社員が教育を施すので信頼関係を育む目的でもメリットが大きいのです。また、最初は上手く回らなくても、徐々にノウハウが蓄積していく点も見逃せません。どう教えればよいのか、どう導けばよいのかを実践を介して学ぶことができるので、将来的には社内講師だけで充分社員教育を施せるようになる可能性は十分にあります。

時間や費用のコスト削減ができる

外部委託をするとそれだけコストがかさみます。1年だけならまだしも、毎年継続するとなればそれなりのコストになるでしょう。長期的な視点でも、社内講師のノウハウを育て上げ内製化するメリットは大きいのです。ただでさえ予算が逼迫している中、あまり教育にお金を避けないという事情を持った企業も多いはずです。また、無駄な時間の削減にも繋がる利点もあります。会社の事情に合わせて教育しなければならないため、外部委託をする場合は綿密な打ち合わせが必要になりますし、そこに割く人員も無視できません。先程も少し触れたように、毎年のこととなるとこの打ち合わせの時間も無駄にできないのです。万が一社内事情が変わったりすれば、もう一度打ち合わせを進めなければならないデメリットもあります。