外部講師の人選方法

外部講師の選び方のコツ

近年は優秀な人材を育成するために社員研修を専門家へ外注する動きが盛んになっています。このため各地においては様々な専門家が活発に活動しているところです。こうした中でより優秀な外部講師を選ぶにはどうしたら良いのか、迷うことも多くあります。
そんな外部講師を選ぶにあたってのコツとしてまず挙げられるのが、その外部講師の過去の経歴や実績を見るということです。その外部講師が実際にどのような分野で活躍してきた人なのか、そして社員研修としてどのような取り組みをしてきたのかは、選ぶに当たっては非常に重要な要素となります。通常はホームページなどでそうした実績などを公表していますが、不明であれば積極的に問合せをしてみることが大切です。

コストに見合った人を選ぶことも大切

またいくら優秀な外部講師であっても費用が高額である場合には慎重になる必要があります。当然のことながら社員研修をするにあたっては予算がありますので、その予算に収める必要があることは言うまでもありません。しかも最近はどの企業も経費節減に取り組んでおり、社員研修にかける費用も例外ではありません。こうしたことからできるだけ費用を抑えて、それでいて優秀な外部講師を選ぶ必要があります。これに対処するためにはできるだけ複数の外部講師をチョイスして、それを比較検討することです。特定の外部講師にこだわるのではなく、幅広くリサーチして、その中から費用対効果を考慮して費用に見合った最適な外部講師を選ぶという手法が有効と言えます。

新人研修とは、入社した人材に対して会社の業務内容やマニュアルを教えるだけでなく、社風や理念を共有する場でもあります。そのため、講師は、内部の社長の想いを代弁できる人材が望ましいです。